フルリノベーション「築44年戸建をシェアハウス」

フルリノベーション「築44年戸建をシェアハウス」

固定資産税がかかる空き家をどうにかしたい。

でもリフォームコストをたくさんかけたくない。

そこで利用したのがセーフティネット住宅供給促進事業。

戸建住宅から学生たちが暮らすシェアハウスへ。

暮らす人たちのことを考えて耐震改修、断熱改修のフルコース。

素足が気持ちいいラワンの床。ドアも壁の一部もラワンを豊富に。

タモやパインなどたくさんの木をつかい、ぬくもり溢れるつくりに。

空き家の有効活用する想いが、またひとつカタチになりました。

構成:学生3人のシェアハウス

延床面積: 101.45㎡ ( 30.69 坪)

竣工:2020年3月

仕様:

木造住宅耐震診断

既存建物現況調査

住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業

セーフティネット住宅供給促進事業

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です